「NNAカンパサール webマガジン」の【アジアに行くならこれを読め!】で『新・中華街』が紹介されました

共同通信社のグループ会社で,アジアの経済情報を配信する日本の企業「NNA」が発行する「NNAカンパサール webマガジン」2018年2月号)の【アジアに行くならこれを読め!】のコーナーで,拙著『新・中華街 世界各地で〈華人社会〉は変貌する』が紹介されました。たいへんありがたい取り上げ方で,特に本書の一文を紹介していただいたのは,うれしいかぎりです。

「レジの女性は、私に『八毛五(パーマオウー)』(八五セント)と言い、一ユーロを渡すまで、筆者はすっかり中国世界に浸っていた。」
(pp.125-126;ウィーンのナッシュマルクトでのエピソードです)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です