筑摩書房(筑摩選書224),2021年12月15日刊,1870円(税込)

日本有数の観光地、横浜中華街。この街はどのようにしてでき、なぜ人びとに愛されるようになったのか。一八五九年の横浜開港、「南京町」の形成、関東大震災や横浜大空襲での壊滅、戦後のヤミ市や外国人バー街の時代、観光地としての成長、新華僑の到来…。世界中のチャイナタウンに足を運び研究してきた地理学者が、この街の地形や歴史を解説し、世界的にもユニークな特徴を明らかにする。

【目次】  より詳細な目次→東方書店

はじめに(webちくま)

序章 横浜中華街を歩く

Ⅰ 「南京町」から「中華街」へ―形成・伝統・ヤミ市
第1章 もとは入江だった横浜中華街―横浜開港と南京町の形成
 1 横浜開港と外国人居留地
 2 中国人の来港と南京町の形成
第2章 外国人居留地廃止後の南京町―一八九九~一九四五年
 1 外国人居留地の廃止
 2 関東大震災と横浜大空襲の惨事
第3章 伝統的華僑社会の特色
 1 華僑の血縁・地縁的社会
 2 華僑の教育と伝統的生活
第4章 ヤミ市,「外人バー」街,そして観光地へ
 1 ヤミ市から始まった復興
 2 「南京町」から「中華街」へ

Ⅱ 変わり続ける街―対立・観光・新華僑
第5章 華僑社会の分裂―二つの中国の狭間で
 1 政治的対立の最前線
 2 大陸支持か,台湾支持か
第6章 人気観光地への急成長―中国ブーム・中華街ブーム・バブル経済
 1 日中国交正常化と中国ブーム
 2 旅行ブームでにぎわう横浜中華街
 3 バブル経済下の横浜中華街
第7章  横浜中華街の再編成―老華僑と新華僑
 1 小異を残して大同につく
 2 さらなる発展を目指して
 3 減少する老華僑,増加する新華僑
第8章 多様化と急変―変わり続ける街
 1 多様化が進む横浜中華街
 2 急変する横浜中華街

Ⅲ 世界に誇れるチャイナタウン―未来に向かって
第9章 日本の中の横浜中華街
 1 日本三大中華街のひとつ,横浜中華街
 2 新華僑がつくったニューチャイナタウン
第10章 世界の中の横浜中華街
 1 世界各地のチャイナタウンと比べて
 2 横浜中華街をモデルにした仁川中華街
終章 未来へ―これからの横浜中華街
 1 今後の横浜中華街は―発展会,高橋伸昌理事長に聞く
 2 横浜中華街博物館の設立に向けて

おわりに

【書評等】

「じんぶん堂」 2022年1月26日 書評 野嶋剛氏 
横浜中華街への「知的空腹」を満たす 山下清海著『横浜中華街』

神奈川新聞,2022年1月9日(日曜),書評「苦難を超えた懐の深さ」(斉藤大起)
https://t.co/KijMGzovFQ」 / Twitter

nippon.com【新刊紹介】日本最大のチャイナタウン誕生の秘密を解き明かす:山下清海著『横浜中華街 世界に誇るチャイナタウンの地理・歴史』(野嶋 剛さん)→yahoo! ニュースにも転載

野嶋 剛:ブログ・私は書きたい

有隣堂本店(横浜伊勢佐木町)5階(歴史・郷土誌など)レジ前 (2022年1月20日)

アカデミア(イーアスつくばの書店)

Amazon

0