今年の終戦記念,NHKスペシャルを高く評価!

私は大学で地理学,アジア地域研究,人種・民族などの教育に携わっています。昨今の視聴率至上主義の情勢の中で,大学の講義で学生たちに見せたい番組が少なくなったと感じていました。NHKも最近では,視聴率を意識した番組が増えてきたのではないかとの印象を抱いていました。

ところがです。

今年8月のいくつかのNHKスペシャルを見て,私の考えが全くの誤解であったと痛感しました。

以下の3番組を見て,研究者の立場からも,番組関係者の取材能力,制作能力の高さに改めて衝撃を受けました,

8月12日 本土空襲 全記録

8月13日 731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~

8月15日 戦慄の記録 インパール

視聴率至上主義の昨今,このような番組を制作した関係者および制作にゴーサインを出された責任者の方々に敬意を表します。

今後の番組も期待しています。

———

立正大学 地球環境科学部 地理学科 教授  山下清海

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です