「池袋チャイナタウンに行ってみたけど,どのように歩いてよいかわからなかった」という声を,しばしば耳にします。そこで,池袋チャイナタウンの歩き方のマップガイドを作ってみました。少しでも参考になれば幸いです。ここでは,とりあえず中国人経営のおもな中国料理店,中国食品店などを取り上げてみました。いずれの中国料理店も価格が安く,日本語メニューもあり,日本人客大歓迎です。店員さんは日本語ができます。ほとんどの店が,食べ放題・飲み放題,ランチメニュー,定食などがあります。 詳細については,それぞれの店の名前を,検索サイトで探してみてください。

まずは,池袋駅に到着したら,とにかく「池袋駅北口」①を目指してください。階段を上って地上に出ると,中国的世界が広がります。ここから歩き始めましょう。 池袋チャイナタウンの中国人の店の多くは,雑居ビルの上階(一部は地下)に入っています。「上を向いて歩こう」です。

池袋チャイナタウンについて,さらにくわしく知りたい方は,山下清海(2010):『池袋チャイナタウン-都内最大の新華僑街の実像に迫る-』洋泉社および山下清海(2016):『新・中華街―世界各地で〈華人社会〉は変貌する』講談社(選書メチエ632)をご覧いただければ幸いです。

①池袋駅北口      池袋チャイナタウンのゲートウエイ。ここから歩き始めよう。

②永祥生煎館      上海名物,焼き小龍包のテイクアウト主体の店。店内のカウンターでも食べることができる。4個=400円,6個=600円。

③陽光城   池袋チャイナタウンのランドマーク的存在。中国らしい赤塗りの店舗が目印。中国食品,中国酒,油条,茶葉蛋なども販売。

④中国食品友諠商店(4F)・聞聲堂中国書店(2F) 2010年に倒産した「知音」の後継店。4階が中国食品店。広い店内に中国食品が何でも揃う。中国東北地方に多い朝鮮族が好む食品も多い。2階の聞聲堂は中国語の本,DVDの専門店。

⑤知音食堂(地下)   大衆的な四川料理専門店。辛さは本物。

⑥逸品飲茶 縁茗(えんな)   カラオケ店「富麗華」の女性オーナーが経営の新しい飲茶専門店。

⑦串串香   麻辣燙(マーラータン;基本的には春雨の辛いスープ麺)の専門店。トッピング(具材)や春雨以外の麺など自由に選べる。

⑧東京中華街(4F)   大衆的な価格で日本人客も多い。池袋東口にも支店がある。

⑨大寶   東北料理専門店。2階建てで店内は広い。入口に日本語の料理メニュー(写真)がある。

⑩永利本店   池袋で多い東北料理専門店の老舗的存在。

⑪阿里郎(アリラン)   小皿料理で多種類の料理が味わえる。

⑫香天下火鍋城(2F)  清潔感ある店内で,火鍋以外,各種料理が揃う。 ⑪阿里郎の姉妹店。

⑬大宝池袋北口店             東北料理専門店。⑨の二号店。

⑭逸品火鍋(4・5F)   カラオケ店「富麗華」の女性オーナーが経営。厳しいトレーニングを受けた従業員の接客サービスがよい。

⑮東方紅(8F)   文化大革命期のレトロな雰囲気を演出した中国料理店。従業員は人民服姿。24時間営業。

⑯海羽日光(2~4F)   中国食品店。売場は2~4階。

⑰千里香(7F)   北朝鮮と国境を接する吉林省延辺朝鮮族自治州の延辺料理(羊の串焼きなどが有名)の専門店。

⑱小尾羊(シャオウェイヤン)(2F)   蒙古しゃぶしゃぶの専門店。⑯の小肥羊と同様,中国各地にチェーン店を展開。2007年開業。

⑲永利西口店   ⑩の支店。日本人客が多く,立教大学に近いため立教大関係者に人気。

⑳小肥羊(8F)  中国で有名な火鍋専門のチェーン店。池袋チャイナタウンには2011年に進出。

IkebukuroChinatown_guidemap201708 「池袋チャイナタウンの歩き方(2017年8月改定版)」PDF版 ←印刷して持ち歩いてください。